野菜づくりへのこだわり

やまのまんなかならではの『清涼な山の湧水』

山の湧き水を源泉からそのまま栽培に使っています。100%天然の水をふんだんに活かし野菜たちは成長しています。

やまのまんなかに畑があるので、贅沢にきれいな水を使って栽培できます。

やまのまんなかならではの『四季折々の空気』

木々で囲まれた自然豊かな山のなかに位置しています。

新緑まぶしい爽やかな春、折りしきる蝉の声の夏、草花に朝露がつく秋、舞い落ちる白い粉雪の冬。自然いっぱいの環境で育つ野菜たちは元気もいっぱいです。

やまの『微生物を活かした土づくり』と自家製堆肥

化学肥料などを用いず、おがくずベースのきのこ菌床を発酵させた堆肥で育てています。畑の中でも野菜の微生物のチカラを活かすため、殺菌剤などは使用しません。

土中にいろいろな菌や微生物が豊富にいることが健全で自然な状態だと考えているからです。